流体デザイン研究室

Fluid Flow Design Lab.
Kamétani Lab.

機械情報工学科 亀谷研究室

 2021年度より機械情報工学科にて新しく流体力学分野の研究室ができました。流れの制御、設計、予測スキームの構築により流れ場そのものをデザインする意味を込めて、研究室名に「流体デザイン」と付けています。
 流体による輸送現象は毛細血管から気象まで様々なスケールの問題に寄与します。本研究室では,流体や物質輸送に関する多岐にわたる問題に対して,理論、数値解析、実験の面から取り組んでいきます。

NEWS

  • 2021/12/23 [NEW]
  • 国内会議 第35回数値流体力学シンポジウム(CFD35)にて共著発表がありました。
    細矢 太一(東理大院), 亀谷 幸憲(明治大), 伊藤 宗嵩(東大生研), 塚原 隆裕(東理大), 長谷川 洋介(東大生研),「4次元変分法を用いたダクト内円柱周り流れ場推定におけるレイノルズ数の影響」, オンライン, 12月14日-16日 (2021).
  • 2021/09/26
  • 国際学会The 8th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow (ASCHT)にて共著発表がありました。
    Taichi HOSOYA (Tokyo Univ. Sci.), Takayuki OSAWA (Univ. Tokyo), Yukinori KAMETANI (Meiji Univ.), Takahiro TSUKAHARA (Tokyo Univ. Sci.), Yosuke HASEGAWA (Univ. Tokyo), “Estimation of 3D duct flow past a cylinder based on 2D-plane measurement by 4D-Var, “, Beijing (online), Sept. 24-26 (2021).
  • 2021/09/22
  • 2021年度日本流体力学会年会にて共著発表がありました。
    CHEN Di(東大生研), 伊藤 宗嵩(東大生研), 亀谷 幸憲(明治大), 長谷川 洋介(東大生研), 「OpenFOAMを用いた熱交換器設計のための多目的トポロジー最適化」, 日本流体力学会年会2021, オンライン, 2021年9月21-23日.
  • 2021/09/21
  • 2021年度日本流体力学会年会にて共著発表がありました。
    細矢 太一(東理大), 伊藤 宗嵩(東大生研), 亀谷 幸憲(明治大), 塚原 隆裕(東理大), 長谷川 洋介(東大生研), 「4次元変分法を用いたダクト内円柱周り流れ場推定における計測領域の影響」, 日本流体力学会年会2021, オンライン, 2021年9月21-23日.
  • 2021/09/19
  • 研究室の改修工事が終わりました。以降居室は5102(5101)となります。
  • 2021/07/29
  • 研究室の改修工事期間に入りました.9月中旬まで仮居室はD212となります. 連絡先電話番号は転送されるため変更はありません.
  • 2021/07/21
  • B3学生として(以下敬称略)石井 穂嵩, 関口 大聖, 高橋 宙良, 高松 和功, 西山 昌孝, 渡辺 稜冴, 平川 雄朗, 早川 良, 矢野 俊太朗が研究室メンバーに加わりました。
  • 2021/07/09
  • PLOS Computational Biologyに"Numerical evaluation reveals the effect of branching morphology on vessel transport properties during angiogenesis"が掲載されました。 https://doi.org/10.1371/journal.pcbi.1008398
  • 2021/06/18
  • 乱流制御研究会(慶應大 深潟研,東京農工大 岩本研,東大 長谷川研,東京理科大 塚原研・山本研,東海大 福島研,電通大守研,明治大 中研・亀谷研,JAXA共催)が開催されました。
  • 2021/04/20
  • B4学生として大橋 飛路さんと増田 晃陽さんが研究室メンバーに加わりました。
  • 2021/04/01
  • 機械情報工学科流体デザイン研究室(Fluid Flow Design Lab.)を立ち上げました。

SNAPSHOTS

LATEST PICTURE LATEST PICTURE LATEST PICTURE LATEST PICTURE LATEST PICTURE LATEST PICTURE

研究者・企業の方へ

研究者・企業向けの情報を発信します。(準備中)

詳細を確認する